利用に際しての注意点

親兄弟や友人からお金を借りる行為と、消費者金融業者から融資を受ける行為とでは、手にする金額が同額であったとしても、そこに伴う社会的責任が大きく異なります。

カレンダー当然借りたお金は約束期限までに揃えて返済するのが鉄則ですが、金融業者に対しては、いかなる事情があろうとも、少し待ってくださいは通用しません。こうした状況を延滞と称し、速やかに支払い督促連絡が届くのみならず、放置機関に対しては遅延損害金という、より高い利率でのペナルティが加算されます。これが雪だるま式に膨れ上がってしまえば、借入元金は少額でも、返済不能状態に陥ってしまうのに時間は要しません。

学生ローンの利用に際しては、返済に関するシミュレーションを慎重に重ね、確実に完済するイメージを明確に捉えておきましょう。仮に何らかのアクシデントで期限当日中の入金が滞りそうな場合には、速やかに利用金融業者にその旨を伝え、確実に入金可能な期限を自ら申し出るなど、連絡と誠実な姿勢が求められます。キャッシングサービスの利用に際して、放置するという行為は厳禁です。僅かな金額の延滞事故から、自身の信用を失墜させてしまっては、その後の長い人生で大きな不具合が避けられません。恐れ過ぎず正しく契約内容に添った利用と返済、これが大前提です。